前ページで紹介したヤエン作りに必要な道具を用意します。
持っていない方は、近くの釣具店で購入するか、あおりねっとショップで購入するのがオススメです。

スタンダードヤエンは、3支点式のカツイチ製オカサンヤエン(Mサイズ)を参考に、扱いやすく、かつ、重量が軽くなるように作成していきます。

3支点式ヤエンは、バランスが取りやすく、ヤエン投入後の直進性が良く、ヤエンストッパーを使用することで跳ね上がり効果が生まれるなどの特徴がありますので、初心者には扱いやすくおすすめのヤエンです。

3支点ヤエンの作り方

3支点ヤエン

※これから紹介している数値(長さ)は、カツイチとダイワのヤエンなどを参考にして決めたものですが、釣り場、釣り方、好みなど、人によって異なりますので、変更して作成して下さい。

1 針掛け部分の作成

3支点スタンダードヤエンの作成はそんなに難しくありませんので、ゆっくりと確認しながら作成して下さい。

今回は、1ヶ所に針4本でヤエンを作成します。
まず、ステンレス棒1本(今回は直径1.0mmを使用)を用意し、針を固定する位置にマジック等で印を付けます。

次に、針をステンレス棒に固定する訳ですが、下の写真のような熱収縮チューブ (直径2~3ミリくらいが良い)があると作業がしやすいです。

熱収縮チューブに針を4本入れ、ステンレス棒に通し、ライターなどであぶります。

次に、銅線を使って針を固定し、針の半分部分を巻いたら、熱収縮チューブをカッターで切って外します。
その後、残りの半分を銅線で巻き固定します。

※銅線はきつめに2重巻きくらいするのがポイントです。ゆるいとハンダづけの時、針が動いてしまいます。

銅線をきつめに巻いた後に、針の角度調整を行うとうまくいきます

そして、ハンダ付けを行います。
フラックスをたっぷり塗って、ハンダをつけましょう。

ハンダを付けるとこんな感じ↓

そして、繰り返しの要領で、針をもう2ヶ所ハンダ付けしていきます。
お互いの針がまっすぐになるように注意します。

これで、針掛け部分は完成です。

2 支点部分の作成

糸掛け部分は、カツイチ製のワンタッチ糸掛けを使用します。
ステンレス棒を曲げて作成してもOKですが、丸く曲げるのはかなり難しいので、「ワンタッチ糸掛け」が楽ちんです。

糸掛けの高さを決め、決めた位置でペンチ等を使って折り曲げます。
糸掛けの曲げる方向に注意します。(間違えると、ラインをヤエンに付けるとき不便です)

私の場合、ヤエンの左側からすべての糸掛け部分にラインが掛けれるようにしています。

↑の長さは参考です。

↑ペンチなどを使って、90度に折り曲げます。
3本とも同じ方向に折り曲げる。

3 針掛け部分に、支点部分を取り付ける

各支点を本体にハンダ付けします。
まず、各支点を付ける位置をマジック等で印をつけます。

↑ 長さは参考値です。

印を付けた部分に各支点をハンダ付けします。

各支点がまっすぐなるように注意しましょう。

残りの2つの支点も同様にハンダ付けします。

4 オモリをつけて、バランスを取る

最後にオモリを付けてバランスを取ります。
まず、第3支点から後方に伸びている余分なステンレス棒を切り取ります。

次に、オモリを後方にはめてみます。

オカサンヤエンは5度上向きですので、今回は同じく5度上向きに設定してみました。

バランス調整ができたら、オモリをペンチなどでしっかり挟み込み固定する。
私の場合、ステンレス棒に瞬間接着剤を付けて、その上からオモリをペンチで挟んで固定します。

これで完成です。

なお今回作成したスタンダードヤエンの重量は9gでした。
オカサンヤエン(Mサイズ)が、17gですので、だいぶ軽くなっており、アオリイカへの違和感が少なくなることに期待できます。