しっかりと合わせを入れたら、その後はアオリイカを取り込むのみです。

ここでの注意点は、
   ① ラインにテンションをかけ続ける
   ② あまり竿を立てないようにする
   ③ 藻やロープ等の障害物に気をつける
です。

① ラインにテンションをかけ続ける

ヤエンの掛け針には基本的にカエシが付いていませんし、カエシが付いているヤエンでもアオリイカは軟体生物ですので、一度刺さった針も抜けやすい体をしています。

したがって、合わせを入れた後は竿のしなりを利用して、ラインにテンションをかけ続け、ゆっくりとリールを巻いてアオリイカを手前まで寄せていきます。

アオリイカが途中、ジェット噴射をして逃げようとしますが、竿のしなりとリールのドラグ機能によりうまくアオリイカの走りを受け流してあげます。(無理に寄せず、走るときはラインが少し出て行くようにドラグを調整しておきます)

② あまり竿を立てないようにする

アオリイカは体や足の部分が水面から出ると、嫌がってアオリイカは走ろうとしますし、アオリイカの体が空中に出ると重力もかかって、身切れをおこしやすくなります。

また、竿を立てた状態で寄せていると、アオリイカは水面に対して垂直に近い姿勢になっており、そのときアオリイカが走ると水中に潜るような形になりますので、藻や障害物に根掛かりしやすくなります。

さらに、竿を立てるとアオリイカとヤエンが一直線にならず、アオリイカとヤエンとの角度が「くの字」形になります。
「くの字」形になると、ヤエンの針の形状から、針が抜けやすい力がかかってしまいます。

したがって、アオリイカを寄せてくるのに、アオリイカが水面近くに浮いて来るまでは竿を立て気味にし、水面近くまでアオリイカが浮いてきたら竿を寝せ気味にすると良いです。

③ 藻やロープなどの障害物に気をつける

せっかくアオリイカに針が掛かって、手前まで寄せてくるのに藻や障害物があるとそれにヤエンやアオリイカが引っかかってそれ以上アオリイカが寄って来ず、バラしてしまいます。

したがって、事前に(明るい内がベスト)海中や海面のどこに藻や障害物があるかを確認しておき、アオリイカを取り込む位置を決めておくと良いと思います。

ギャフ(タモ網)で取り込む

さあいよいよギャフ掛けです。

300g程度の小さなアオリイカであれば、ギャフを掛けなくてもそのまま引き上げることができます。

しかし、それ以上の大きさのアオリイカであれば強引に引き上げようとすると、アオリイカの身がヤエンの掛け針のかかった部分から裂けて逃げられてしまうことがあります。

ギャフの掛け方ですが、ヤエンの掛かっていないアオリイカの胴体(先っぽの方)に掛けるとうまく取り込めます。
二人以上で釣りの来ているときは、ギャフ掛けを手伝ってもらうと楽にできます。

また、タモ網でも取り込みは可能ですが、タモ網は大きいので、タモ網をアオリイカに近づけると嫌がって逃げよう(ジェット噴射)としますし、うまくタモ網に入ってアオリイカを取り込んだ後もヤエンがタモ網に絡まって、はずすのに苦労をしたりします。

アオリイカのアタリのある時間帯は重なりますので(地合がきている時間帯)、アオリイカを取り込んだらすぐに新しいアジを投入して次のアオリイカのアタリを待つことが釣果アップにつながりますので、ヤエンをタモ網から外すのにもたもたして釣れる時間帯を無駄にするのはどうかと思います。

よって、ギャフでアオリイカを取り込むことでトラブルは少なくなり、すぐに次のアジを投入することが可能になりますので、私はギャフでの取り込みをおすすめします。

アオリイカを〆る

アオリイカを美味しく食べるためにも釣り上げたアオリイカはシメて、鮮度を保ちましょう。

私の場合、釣り上げたアオリイカはスカリに入れて生かしておき、釣りを終えて帰る前にアオリイカをシメて、クーラーボックス等に入れて持ち帰っています。

アオリイカのシメ方ですが、アオリイカの胴体と目の間、足と目の間のそれぞれに神経が通っていますので、その部分をナイフ等(イカシメいう専用の物もあります)で切断し、シメて下さい。

↑写真のとき、イカシメを忘れたため、はさみで切断しています。

きちんとシメると、アオリイカの体が一瞬で↑のように真っ白に変色しますので、シマッたかどうか分かります。