アジの投入が終わったら、いかにしてアオリイカにアジを抱かせるのか?
その方法について紹介していきます!

置き竿と手持ち竿について

置き竿でアオリイカを狙う場合には、アジ投入後余分なラインを巻き取ったら、竿を竿受けに置いて、ドラグをフリーにして(リアドラグ式リールの場合、ドラグレバーを一番左に回す)アオリイカのアタリを待ちます。

ドラグが効いた状態にしておく(ドラグをフリーにしておかない)と、アオリイカがアジを抱いて走った場合に、竿ごとアオリイカに持って行かれて、海に竿が「ドボン」と落ちたり、また、アオリイカがアジを抱いてもアジがラインに引っ張られ動かないので違和感を感じてアジを放してしまいます。

私は基本的に手に竿を持って、アオリイカを狙います。
しかし、疲れてきたときなどは置き竿もしますが。

手に竿を持ってアオリイカを狙うメリットは、
○ ある程度アジの泳がす方向が決められる(広範囲に攻められる)
○ ラインが根や障害物に擦れにくい
○ アジにオモリを打てば、アジの泳ぐ層を変えられる
       (置き竿でオモリを打つと、根掛かりが頻発します)
などが考えられます。

以上のようなメリットがありますので、大体私は手に竿を持ってアオリイカを狙っています。

アジの泳がせ方

アジの泳がせ方ですが、はじめはなかなかうまくいきません。

私はラインの重さを利用したアジの泳がせをしています。
アジの尾っぽにはラインが付いていますので、アジはラインを引っ張りながら泳いでいることになります。

また、アジ(魚)は引っ張られた方向とは逆の方向に泳ぐ習性がありますので、この習性をうまく使ってアジを泳がせます。

泳がせ方ですが、まずアジを泳がせたい方向とは逆の向きに竿先を向けます。

そして、リールのベール部分を起こした状態で、竿先から垂れているラインを見ながら、ラインが張ってきたら竿を持っている手とは反対の手で、少しづつラインを送り込んでアジを泳がせています。

このラインの送り込みの操作は難しく、なかなかうまくいきませんが、練習を繰り返すと大体泳がせたい方向にアジを泳がせられるようになります。

うまく泳がすコツは、ラインのテンション調整です。
あまりラインを緩めすぎると、アジは違う方向に泳ぎ始めますので、少しのラインテンションがアジにかかった状態を維持する(穂先でアジの尻尾の振動を感じる)とうまくいきます。

フラッシング(アオリイカを誘う)

アジを泳がせていてもなかなかアオリイカのアタリがない場合には、竿をあおってアジを後戻りさせ、アオリイカにアピールをしてあげます。

竿を引っ張ってアジをバックさせると、アジのキラキラした体が光を反射してアオリイカに目立ちやすくなります。

あまり何度も竿をあおって、アジを引っ張るとアジが早く弱る原因となりますので、アオリイカのアタリがない場合に適度に行うと良いと思います。

アジを沈める、オモリを打つ

アジを泳がせても水面から1~2メートル付近をずっと泳いでいたり、日中や春のヤエン釣りの時(アオリイカは深場にいることが多い)は、アジにオモリを付けて深場を攻めると良い結果につながります。

私の場合、アジに付けるオモリは、カツイチの潜水君というオモリをアジの下腹部付けています。

また、元気良く泳ぎ回るアジにアオリイカは良く乗ってくれますので、元気のなくなったアジを長時間泳がせるよりは、新しい元気の良いアジに付け替えてみることをおススメします。

元気のなくなったアジを新しい元気の良いアジに付け替えたら、すぐにアオリイカが乗ったということは良くあります。

他の釣人にアオリイカのアタリがあった場合には、アオリイカの群れが釣り場に入ってきていることが多いので、あまり元気のないアジをそのまま泳がせず、新しいアジに付け換えて、アジを元気よく泳がせ、アオリイカにアピールすることが釣果アップにつながります。

死んだアジをアオリイカに抱かせる

死にアジの場合、アジを投入する際、「弱らないように」なんて考える必要もありませんので、思いっきり遠投して大丈夫です。

ただ、ゼイゴ部分に針を打つと、身切れすることがあるので、中骨に沿うように針を打つか、針なしでしっぽにラインを結びつけても良いです。

死にアジは投入後、底に向かって沈んでいき、底に落ちて留まります。
ずっとそのままではなかなかアタリがありません。

投入後、死にアジが着底したらラインを張って、アタリを待ちます。

数分したら、竿でアオリイカが乗っているかどうか重さの確認をして、乗ってなければ、大きく竿をあおって、死にアジを底から跳ね上げさせ、また着底させる。
ということを繰り返し、アオリイカが乗るのを待つのです。

3~5回繰り返すと足元まで死にアジが寄ってきますので、一度回収して、再度、死にアジを投入します。

死にアジも生きアジと同様に、広範囲に投入してみて、探ることがアタリを多くするポイントだと思います。

※死にアジの場合、ラインはナイロンラインをオススメします。
フロロカーボンラインだと、海底にラインが沈んで、根がかりが多発します。