ヤエン釣り歴約10年のマイタックルの遍歴を紹介します。

ロッド(竿)の使用歴

ダイワ プロ磯インプレッサ

ダイワ製の磯竿「プロ磯インプレッサ2-53
ヤエン専用竿ではありません。

私はヤエン釣りより以前に、ウキ釣り(泳がせ)からアオリイカ釣りに入りましたので、その時から使っていた竿です。

アオリイカ釣りをしようと思い、先輩に教えてもらって買いました。
それなりに使いやすい竿でしたが、やはりヤエン専用竿にはかないません。

シマノ アオリスタBB500MH

次に購入したのが、初めてのヤエン専用竿のシマノアオリスタBB500MH
初心者にはインターラインロッドが良いと聞いたので、アオリスタBBを選びました。

インターラインですので、夜間の釣りがとてもしやすいロッドです。
糸絡みトラブルは全くありませんし、穂先も黄色に塗ってあるので、目感度も上々!

ただ、インターラインですから手感度はイマイチです。
約4年間使用したロッドです。

シマノ アオリスタ500

現在も使用しているロッドのシマノアオリスタ500
シマノの高級ヤエン専用ロッドになりました。

やはり良いです!
高いだけのことはあるロッド。

手感度が良いし、寄せの操作が楽に出来る胴調子になっています。
反発を抑える素材を使っているとのことで、アオリイカに違和感を与えにくいようです。
ちょっと強引に寄せてもアジを放さずに大丈夫。

また、穂先も白色で見やすいです。
アジの泳ぎが、目でも、手でも良くわかります。

買う前に穂先の糸絡みトラブルが気になっていたのですが、IMガイドのため、気をつければ、ほとんど気にならない程度です。

やはり、価格が高いほどロッドは良いな~と思ったロッドです♪

ダイワ バトルゲームアオリ51-F

その後、ダイワバトルゲームアオリ51Fも購入しました。

シマノのアオリスタ500と使用感はほぼ変わりませんが、アオリスタ500の方が胴調子で寄せがしやすいと感じます。

IMガイド搭載で、糸がらみも少なく、扱いやすいです。
穂先は黒色なので、視認性はアオリスタ500の方が良いです。

ただ、本当はSMT搭載のバトルゲームが欲しいですが。高い(~_~;)

リールの使用歴

シマノ アオリスタBB2500

初めて買ったヤエン用リールがアオリスタBB2500
リアドラグタイプのリールで、今でも初心者にも扱いやすいオススメリールです。

ただ、構造上、ラインのよれが発生しやすいので、LB式リールに買い替えました。

現在、アオリイカのウキ釣り(泳がせ)用として現役で活躍しています。

初心者向けなら、このアオリスタBBか、ダイワの「アオリトライアル」になると思います。

アオリスタBBの方が軽くて、造りがしっかりしています。

現在でも、ヤエン初心者にはオススメのリールです。

ダイワ バトルゲーム2000LBQD

岡啓太郎プロの影響で購入したのが、このLBQD
レバーブレーキリールなので、「ラインのよれ」は、ほぼ発生しません。

リアルフォー搭載で、リールの回転も非常に滑らかです。

ただ、急なアオリイカの走りの際、リールが高速で逆回転しすぎるため、バッククラッシュがたびたび発生

手持ちでアタリを待てば、指先一つで逆回転を抑制できるが、置き竿の時に、イカがアジを抱いて走るとバッククラッシュが発生してしまいます。


シマノ デスピナ2500D(改)

現在も使用しているリールがシマノ05デスピナ。
2005年発売のデスピナ(絶版)です。

置き竿の際のバッククラッシュを防止し、改良すればアタリが音で分かるため購入したリールです。

LBQDより安価であるため、高級感に欠け、リールの回転の滑らかさは劣っています。

しかし、ゼロフケテンション(逆回転の際少しテンションがかかる構造)搭載で、置き竿でも糸がらみトラブルはほとんどありません

私の場合、音出し改良+ダブルハンドル化(セフィアBBのWハンドル使用)をしており、いまだ現役として快適に使用しています。

シマノ エクスセンスLBSS

竿2本出しでヤエン釣りをするために購入した「エクスセンスLBSS」

デスピナと同様に「音出し改良」+「ダブルハンドル化」して使っています♪