ヤエン釣りを始めようと思っている方に、これを選べばまずは間違いないというタックルを紹介します!(価格と扱いやすさのバランスを考慮して、チョイスしました)

竿(ロッド)

竿は、初心者に扱いやすく、価格が安いことを重視するとインターラインロッドのダイワ「リーガル アオリ 1.5号-53」がオススメです。

アウトガイドとインターラインでは、扱いやすさが初心者には全く違います。
竿さばきに慣れた方なら、アウトガイドで良いと思いますが、ライントラブルが原因でアオリイカをバラすということは避けたいので、初心者にはインターラインを勧めます。

ヤエンの装着は、他の釣り方にはないことですので、慣れるまでは、ライントラブルの心配がほとんどないインターラインを選んでおけば間違いありません。

また、この竿はアオリイカ釣り専用竿であり、柔軟な調子で、価格もそれほど高くはありません。

穂先の1番はハイパーリベル加工で、糸の張り付きが軽減されるようになっていますので、ラインがスムーズに放出されます。

リール

リールは、シマノ「アオリスタBB」がオススメです。
やはり普通のリールより、ワンタッチでドラグ調整のできる「リアドラグ式」が扱いやすいです。

レバーブレーキ式のリールも良いですが、価格が高く、慣れないと扱いづらいです。

値段も6千円くらいですし、性能も良く、コストパフォーマンスも高い、良いリールです。

また、ダイワから4千円台で、「アオリトライアルBR」というリアドラグリールが販売されています。

このアオリトライアルBRも基本性能がしっかりしており、初心者におすすめです。

ただ、アオリスタBBの方が約45g軽く、造りがしっかりしています

ライン(糸)

ラインは、手持ち竿で狙うか、置き竿で狙うかで、きちんと分けた方が良いです。

手持ちならば、ナイロンでもフロロカーボンでも良いですが、置き竿ならばナイロンラインでないと根掛かりが多発します

各メーカーからヤエン専用ラインが販売されていますので、好きなラインをチョイスしましょう。 

初心者には、ナイロンの2~3号位のラインが扱いやすくオススメです。
海水より比重が軽く、根がかりにしくい上、糸ヨレが少なくライントラブルになりにくいです。

ヤエン

釣り方によってオススメのヤエンは2種類あります。

普通にヤエンストッパーを使用しての釣り方ならば、オカサンヤエン、フッカーヤエンです。
オカサンヤエンはスタンダードヤエンの代名詞といった感じです。

跳ね上がりヤエンならば、シマノの「AR-Bラインローラーヤエン跳ね上げ式」をちょっと改良して使用することをオススメします。

針は、スイベル付きの専用針がラインのよれが軽減できます。

20本入りで約400円の川せみ製がお得です。

他にも必要な物(ギャフ、生かしバッカンなど)は、一緒に釣りに行く方に貸してもらえばOKでしょう。

竿・リール・ヤエン・ラインは、はじめに買う物ですから、紹介してみました。