下に紹介している釣具は、ヤエン釣りを初めてする人に必要な物あると便利な物を紹介していますので、参考にして下さい

ロッド(竿)

竿は、波止用又は磯竿の硬さ(硬調)1.5号~2.5号くらいで、5メートル前後のものならOKです。

チヌ釣り用の竿が、ヤエン用の竿と調子が似ており、チヌ釣り竿を持っている方はまず、その竿でOK。

また、初心者には、アウトガイドの竿よりもインターラインの竿の方が、ヤエン釣りにはおすすめです。

↑インターラインの「アオリスタBB」

ヤエン釣りに慣れていないと、ヤエンをラインの装着する際に、穂先へのライン絡みトラブルが発生することが多いですが、インターラインならそのトラブルは発生しません。

ただ、インターラインの竿は、アウトガイドより感度が良くありません。

慣れてきて、本気でヤエン釣りをしようと考えるなら、ヤエン専用竿のアウトガイド方がアジの泳ぎ、アタリが良く分かり、寄せの操作も楽に行えます。

リール

2000~4000番台のスピニングリールでOKです。
普通のフロントドラグ式スピニングリールでもヤエン釣りは可能ですが、リアドラグ式のアオリイカ専用スピニングリール(安い物なら4~6千円程度)の方が簡単にドラグ調整できるので、おすすめです。

また、最近ではLB(レバーブレーキ)式のリールが、ヤエン釣り用として発売されており、慣れると指1本で糸出し調整ができるので、とても扱いやすいです。

ライン(道糸)

1~3号のナイロン製またはフロロカーボン製ライン。

エギングでよく使用するPEライン(伸びがない)は、基本的にヤエン釣りには適しません。

ラインは消耗品ですので、ヤエンの滑りが悪くなったり、ラインがヨレてきたら、その部分を切るか、思い切って新しいラインに巻き直す方がよいです。

なお、ナイロンラインは浮力があり、フロロカーボンラインは沈みます。

浅場や死にアジを使ってのヤエンならナイロンを、深場や手持ちでのヤエン釣りならフロロカーボンが良いです。

ヤエン

ヤエンは各メーカーから販売されています。

ヤエンには大別して支点が2つの物と3つのものがありますが、初心者には直進性の良い3支点の方が扱いやすいです。

また、メーカーによっては工夫されたヤエンが多数販売されており、ローラー付き、跳ね上がり式、掛け針ダブル式、挟み込み式など多様な商品が出ていますので、いろいろ使ってみて自分に良いものを選ぶとよいでしょう。

初心者におススメなのは、スタンダードな3支点式のダイワのOKヤエン、カツイチのオカサンヤエンなどが良いと思います。

アジの尾っぽに掛ける針は、チヌ針などでOKですが、より戻し(針が回転するためのスイベル)の付いた専用針の方が、ラインのよれが少なくなりおすすめです。

ヤエンストッパー

アオリイカまで進行させたヤエンを後戻りさせないための道具(ウキ止めゴムのような物)です。
また、ヤエンの第1支点が後戻りぜず、ヤエンストッパーで止まることでヤエンの跳ね上がり効果が生じます。

私の場合、跳ね上がりヤエンを使用してのヤエン釣りですので、ヤエンストッパーは使用していません。

ギャフ・タモ網

小さい300g程度のアオリイカならギャフを使用せずとも、竿でそのまま引き抜けますが、それ以上のアオリイカはギャフを使用します。

タモ網を持っている人であれば、タモ網でも良いですが、ギャフの方がヤエンがタモに絡むなどのトラブルがないためギャフをおすすめします。

アジ生かしバッカン

アジを生かしておくためのバケツです。
各メーカーからエアーポンプが付けられたり、海水がこぼれないようになっていたりと工夫がされています。

以前、普通の角バケツを加工して使用していました(安上がりです)。

現在は、クーラーボックスを加工して使用しています。

エアーポンプ

アジを生かしておくために生かしバッカンに取り付けて使用するポンプです。
ポンプがないと、酸欠でアジが死んでしまいます。

ライフジャケット

特に、磯やイカダで釣りをする場合にはライフジャケットは必需品となります。
堤防でも着用しておいた方が安心です。

私はいつもライフジャケットを着用しています。
自分の身を守るものですから、必ず身に着けましょう。

ヤエン釣りにあると便利なもの

無くてもヤエン釣りはできますが、あった方が絶対に良いものを紹介します。

オモリ

アジを沈めて泳がせるためのオモリです。
カツイチから潜水君という専用のオモリが販売されており、重さもS、M、Lの3種類ありますので、泳がせたい深さにより使い分けると良いです。

水汲みバッカン

海水を汲むためのロープが付いたバケツです。
生かしバッカンに入れた海水の入れ換えや手を洗うなどに使用します。

魚すくい網

アジを生かしバッカンからすくうための網です。
素手では、アジが逃げ回り弱ってしまいますし、素手の体温がアジに移るのを防ぎますので、あると便利です。
100円~200円程度の安い物で十分です。

スカリ

釣り上げたアオリイカやアジを生かしておくための網です。
海に浮かせて使用します。

ただ、網目の大きさには注意が必要で、アオリイカの足が通らない程度の網目のスカリを購入しないと、網目からアオリイカの足が出て他魚から食べられてしまいます。
私の購入したスカリは網目が大きかったため、後から小さな網目のスカリを購入しました。

また、ウツボの多い地域ではウツボにやられますので、注意!

竿置き

竿を傷付けずに置くための道具です。置き竿でのヤエンでは必需品です。

三脚タイプやピトン(岩の切れ目に打ち付ける)タイプがあります。

ヤエン収納ケース

ヤエンを収納するケースです。ヤエンは針が鋭く、ケースに入れて持ち歩かないと怪我をするおそれがありますので、ケースに入れておいた方が良いです。

各メーカーから販売されていますが、私の場合、岡啓太郎プロをまねて、竿のケース(プラスチック製)を加工してヤエン収納ケースにしています。

ヘッドライト

夜間、ヤエン釣りをするのに必要不可欠なヘッドライトです。
各メーカーから販売されています。

手袋

手に怪我をしないため、防寒のため、アジを素手で触らないためなど色々と理由がありますので、手袋は着用しておいた方が良いです。

サングラス

偏光グラスです。
日中ヤエン釣りをするときに着用すると、海中の様子が良く分かります。
紫外線を防ぐので、目の保護にも役立ちます。

ナイフ

フィッシングナイフ。1本あると、なにかと便利。

デジタルスケール

アオリイカを釣ったら重さを量りたいですよね。デジタルスケールもあると便利です。