各メーカーから販売されているイカ針仕掛けの特徴を紹介します。

ダイワ らくらく泳がせアオリイカ仕掛け

ダイワ製のアオリイカ仕掛けです。
フローターが付いているため、アオリイカへの針掛かりが良くなっています。

しかし、フローターが目立ち、アジへの負担になるためアタリは減る傾向にあります。

ダイワ らくらくテコ式アオリイカ仕掛け

ダイワ製のアオリイカ仕掛けです。
フローター付きでしかもテコ式ですので、アオリイカへの針掛かりがとても良いです。
ただ、仕掛けが目立つため、アオリイカのアタリは少なくなる傾向にあります。

がまかつ イカのお墨つき

がまかつのアオリイカ仕掛けです。

テコ式でアタリがあればほとんどイカに針掛かりします。
藻の色でアオリイカから目立ちにくく、初心者におすすめの仕掛けです。

ただ、垂らしタイプの仕掛けよりアタリの数は減る傾向にあります。

がまかつ イカのお墨つき

がまかつのアオリイカ仕掛けです。

テコ式で、アオリイカから見えにくい透明タイプの軸を使っているのでアタリが多く、掛かりが良いです!

がまかつ イカのお墨つきパーフェクト仕掛け

がまかつのアオリイカ仕掛けです。

「仕掛けは色々あって迷うな~」と思う初心者にオススメの全てがセットになった仕掛けです!

3号自立ウキ、ライン、イカ針がセットされていますので、リールとロッドさえあればウキ釣りが可能です!

↑で紹介しているお墨つきの仕掛けにウキなどがセットになったものですので、イカへの針掛かりは良いです!

リュック針

私が一時期よく使っていたリュック針です。

アジの腰の部分に針を刺し、アタリがあったら強く合わせることで、掛け針が移動し、アオリイカの口元にがっちり針掛かりする仕組みになっています。

バラシが少ないアイデア商品です。
ただ、遠投しようとするとアジから針が抜ける場合があり、ふわっと投げる必要があります。

アジの弱りが早いのが難点ですが、イカへの針掛かりは抜群に良いです。

マルフジ イカパーツ

マルフジの自作イカ針で、組上がった完成品です。
垂らしタイプの仕掛けの場合に良く使っています。
これをリーダーの先に固定して使います。

イカへの違和感が少なく、アタリの多い仕掛けです。

マルフジ ロデオグライダー

私がよく使用するロデオグライダー。
アジの背にこの仕掛けを使うことで、針掛かりが良いです。

アオリイカはまず、アジの延髄部分から食べ始めますので、合わせをいれると自然に、アオリイカの口元にがっちり針掛かりする仕掛けです 。

マルフジ 鼻かん付リーダー

面倒な鼻かん仕掛けをあらかじめ作ってあるリーダーです。
このリーダーにイカ針をつければ、仕掛けが完成する便利なものです。