ウキ釣りには、釣り人によって、さまざまな仕掛けがありますので、ここでは主な仕掛け(4種類)を紹介していきます。

スタンダード仕掛け

置き竿でウキ釣りする場合のスタンダードな仕掛けです。

アジの泳ぐタナ(深さ)を固定しますので、半遊動や全誘導の仕掛けよりもアタリの数は減る傾向にありますが、根掛かりも少ないので置き竿には良いです。

アオリイカのいるタナ(深さ)の設定が大切になりますが、基本的には竿1本分(5m前後)のタナに設定して(ウキ止めからイカ針までの長さ)、1mごとに深くしたり浅くしたりして、その日のアタリのあるタナを調整します。

サルカンからイカ針までのハリス(リーダー)の長さは1ヒロ(1.5m)程度がよいです。

アジの大きさによって、ウキとオモリのサイズを変えた方が良いと思いますが、私の場合はウキ3号にオモリ1.5号を基本にしています。

半遊動仕掛け

自立ウキを使用することで、ウキ下にオモリを打たず、アジの泳ぎ回る範囲が拡大します。

アオリイカが深場にいる場合には適しませんが、アオリイカの活性が高く、表層まで浮いてきている場合には有効な仕掛けです。
(特に夜間はアオリイカが中層に浮いてエサを追ってきている場合が多いので有効!)

アオリイカが、アジを引っ張らず、居食いをするようなアタリの場合にはアタリが分かりにくい(ウキにアタリが出ない)ので、ときどきラインにテンションをかけて、アオリイカが乗っているかどうかを確認する必要があります。

全遊動仕掛け

ウキが沈み、アジが自由に泳ぎ回る全遊動仕掛けです。
アジが深く潜っていかない場合には、サルカンの上にガン玉(オモリ)を打って、アジを目標とするタナまで沈めることも必要です。

この仕掛けはアジが自由に泳ぐためアタリの数は一番多く、自らイカを誘う仕掛けです。
アジが潜り過ぎたりすると根掛かりが頻発するため、上級者向けの仕掛けです。

私の知り合いの達人の方は、この全遊動仕掛けで毎回2桁のアオリイカを釣り上げる達人もいます

置き竿では無理ですので、手持ち竿での釣りになります。

常にアジのテンションを穂先で感じながら、アジの状況を把握するそうですが、やってみると難しいです。

達人の方いわく「安い竿じゃあダメだ。感度の良い竿を使って、海中のアジの動きを感じるんだ。アジの泳がせ方で釣果が変わる。モイカがいる場所にアジを泳がせていくんだ。」と言っていました。

泳がせ釣りを極めたい方は、挑戦してみてください。

エレベーター仕掛け

エレベーター仕掛けと言われる仕掛けです。

サルカン~オモリの間をエレベーターのようにアジが移動します。
釣れるタナだけを狙いたいときに使う仕掛けです。
アオリイカの活性が高いときは、アタリが頻発する傾向にありますが、タナの調整で釣果が全然変わってきます。

仕掛けが絡みやすいので、注意が必要です。

ウキを5号、オモリを3号位にするのが一般的です。
サルカン~オモリは1メートル位(長いと絡む)

イカ針の種類

イカ針は、各メーカーから工夫された物が多様に販売されていますが、ここでは代表的な3タイプについて紹介していきます。

背掛けタイプのイカ針

背掛けタイプのイカ針(マルフジ製ロデオグライダー)です。

アオリイカはまず、アジの急所である延髄の部分から食べ始めますので、合わせを入れればアジが前方に移動し、アオリイカの口付近に針がガッチリ掛かります。  

下の垂らしタイプのイカ針よりも針掛かりは良いです!

ただ、背中にイカ針があるので、警戒してアジの腹部分から食べ始めるアオリイカがたまにいますので、この場合は針がほとんど掛かりません。

垂らしタイプのイカ針

大分県ではこの垂らしタイプのイカ針を使用している人が一番多いです。

イカ針がアジから離れているため、アオリイカのアタリが多いです

イカ針はアジの大きさに合わせて、アジの尾っぽに来るくらいの位置に調整します。

また、掛け針は1つではなく、2つ重ねて使用した方が、イカへの掛かりが良くなりますが、アタリの数は減る傾向にあります。

なお、イカ針のサイズは大きいほど合わせを入れた時の掛り率はよくなりますが、アタリ自体は減る傾向にあります。

小さいイカ針の方が、イカから目立ちにくく、アタリが増えますが、合わせが難しくなります。

垂らしタイプのイカ針は、ラインを通して結び目を作れば、イカ針が抜けなくなります。

テコ式タイプのイカ針

各メーカーから市販されているテコ式タイプのイカ針です。

写真のようにアオリイカがアジを引っ張っていこうとすると、ラインが張って、テコの原理で掛け針部分が跳ね上がりイカに掛かります。

アタリがあれば高確率でイカに針掛かりしますが、仕掛けが大きいのでアタリの数は一番少なくなる傾向にあります

今まで私が使用したテコ式タイプであれば、「がまかつ製アオリイカ仕掛け お墨つき↑」が針掛かり、アオリイカの乗り共に多かったおすすめイカ針です。

他にもメーカーから工夫されたイカ針が販売されています 。

ウキの種類

ウキには、非自立棒ウキ・自立棒ウキ・中通しウキ・0号ウキ(中通し)の大きく分けて4種類がアオリイカ釣りに使われます 。

非自立棒ウキ

ウキ下にオモリを打たないと立たない棒ウキです。
↑で説明したスタンダードな仕掛け、エレベーター仕掛けの時に使用します。

向かい風が強い場合には、飛距離が出ません。

自立棒ウキ

ウキ下にオモリを打たなくても、自立する棒ウキです。
↑で説明した半遊動仕掛けで使用します。

アオリイカが居食いやアジを食い上げたアタリの場合には、アタリがウキに出ません。

中通しウキ

ウキの中にラインが通る中通しウキです。
丸型ですので、風の影響を受けにくく、強風での釣りに向いています。

棒ウキに比べ、アタリがわかりにくいです。
↑で説明したタンダードな仕掛け、エレベーター仕掛けの時に使用します。

0号ウキ(中通し)

0号ウキ(沈みウキ)です。
↑で説明した全遊動仕掛けのときに使うウキです。