ウキ釣りは、波止用又は磯竿、スピニングリール位があれば、手軽に始められる釣り方です。

このページでは、アオリイカのウキ釣りに必要な道具を紹介してきます!

竿(ロッド)

竿は、波止用又は磯竿の硬さ(硬調)1.5号~3号くらいで、4~5メートル位のものならOKです。

しかし、アオリイカ専用竿の方がアジの泳ぎ、アタリが良く分かります(値段が高いですが)。

初めてみたい方は、値段は気にせずに「2号程度の磯竿」を購入すればOKです。

リール

フロントドラグ式の普通のスピニングリールでもOKです。

ただ、フロントドラグ式スピニングリールでも泳がせ釣りは十分できますが、リアドラグ式のアオリイカ専用スピニングリールの方が簡単にドラグ調整でき、置き竿に便利ですので、アオリイカ専用のリアドラグ式リールがおすすめです。

ライン(道糸)

道糸は2~3号程度のナイロン製ライン

ハリス(リーダー)を付けて行う釣り方ですので、太いライン(5号程度)でも問題ありません。

ただ、ハリスよりも細いラインは止めましょう。
根掛かりなどした場合に、ハリス部分で切れず、仕掛け(ウキなど)ごと無くなります。

置き竿で狙う場合には、ラインが沈んで根掛かりするのを防ぐため、フロート(海面に浮く)タイプのラインが良いです。

フロロカーボンのラインは寝ズレに強いですが、水より浮力がないので、海水に沈みます。

ウキ

ウキは釣り人によって色々使用するものが異なりますが、私は主に3号程度の棒ウキを使っています。

左上の写真が私がよく使うパナソニック製の棒ウキ(上下2ヶ所点灯タイプ)の3号です。2ヶ所が光りますので、アタリが取りやすいです。

右上の写真が、左から、パナソニック製自立ウキ(3号)、パナソニック製円錐ウキ(3B号)、格安中通しウキ(3号)です。

からまん棒

ウキがスイベル等に絡まないようにするためのウキ止めゴムです。
棒ウキを使用する際には必需品です。

シモリ玉

ウキがウキ止め部分でしっかり止まるようにするための穴の空いたビーズです。

シモリ玉を使わないと、ウキがウキ止め部分を超えてしまうことがあります。

ウキ止め糸

ウキを決めた棚で固定するための糸が、ウキ止め糸です。

写真↑のようなラインに通して、糸を締めるだけのタイプが便利で使いやすいです。

オモリ

アジを沈めて、狙いたいタナ(深さ)を決めるために使用しるオモリです。

自立ウキや全遊動などで狙う場合にはこのオモリは使用しません。

私は普段、3号の棒ウキを使用することが多いのですが、その場合にはオモリを1~1.5号にしています。

ウキの号数とバランスを考えて、オモリの号数を調整します。
あまり大きいオモリですと、アジの負担が大きいので、1.5号くらいが良いと感じています。

大きいアジの場合は、ウキの浮力が足りずに潜ってしまうことがあるので、その場合は1号のオモリにしています。

ハリス・リーダー

ハリス(リーダー)は、1.5~3.0号程度のフロロカーボン製ラインがよいです。
細いラインの方がアオリイカから見えにくいために、アタリの数は多くなる傾向があります。
ナイロン製でもOKですが、フロロカーボン製の方が、根ずれに強く、強度もあるのでおススメです。

私の場合、1.7号程度のフロロカーボンラインを使用しています。
2kgくらいまでのアオリイカなら1.7号で切れることはまずありません。

ハリスを太くすると、切れにくいのですが、アタリの数が明確に減るので、できれば1.5号程度が良いと感じています。

秋~冬は1.5号。春は2号くらい。通年を通すと1.7号程度がオススメです。

また、道糸よりは細いハリス(リーダー)にすることで、寝掛かりをした際に、道糸より下方で切れるのでウキなどの仕掛けをロストしません。

鼻カン

ハリスを生きアジの鼻に固定するための鼻カンです。

編み付け糸をハリスに固定する結び方が、初心者には結構難しく感じると思いますので、写真のような鼻カンと鼻カン用編み付け糸とハリス(リーダー)がセットになったものが扱いやすい です。

しかし、別々に買った方が安上がりです。

掛け針

ハリス(リーダー)の先に付けて、アオリイカに掛けるためのイカ針です。

私の場合、右の写真のアオリイカへの針掛かりの良い背掛けタイプ(マルフジ製ロデオグライダー)のものをよく使用しています。

左の写真のタイプは、大分県の泳がせ釣り師の方々が良く使用しているタイプのイカ針です。
アジからイカ針が離れた状態で、アオリイカからのアタリを待つ形になりますので、アタリが多い仕掛けです。

また、各メーカーから、テコの原理で跳ね上がるタイプのイカ針も販売されています。

このタイプのイカ針は、アオリイカのアタリがあれば、ほとんどアオリイカに針が掛かりますが、仕掛けが目立つのでアタリの回数は少なくなる傾向にあります。

生かしバッカン

アジを生かしておくためのバケツです。

各メーカーからエアーポンプが付けられたり、海水がこぼれないようになっていたりと工夫がされています。

エアーポンプ

アジを生かしておくために生かしバッカンに取り付けて使用するポンプです。
ないと、酸欠でアジが死んでしまいます。