↑ウキ釣りでは、アオリイカ以外にもコウイカやケンサキイカも釣れます

釣り場の選定、タナの設定

堤防は他の釣り人を気にして釣りをしなければなりませんが、磯ならば他の釣り人をあまり気にせず自由に釣りができます!

しかし、ウキ釣りの場合は根がかりしやすいため、磯は複雑な海底地形が多く、タナの調整が大切になってきます。

昼間は海底から2m位上にタナを設定し、夜間では中層になるようにするのが基本です。

アタリがない場合は、1mずつ深くしたり、浅くしたりしてタナの調整を行うと良いです。

また、アタリがない時こそ、「タナを変える」「投入ポイントを変える」「目立たない仕掛けにする」など考えて釣ることが、釣果アップに繋がると思います。

私の場合、堤防ならば、タナを基本竿1本分(約5.0m)から始めています。
普通、アオリイカは昼間深場に潜んでおり、夕方になるとだんだん中層近くに移動し、夜間は海面から2~3m位の所まで浮いてきてエサを追う習性があります。

したがって、釣りをする時間帯によってタナを考えると釣果アップにつながります。

また、釣り場は磯が良いですが、初心者には足場も悪く、危険が伴うのでオススメできません。

堤防の場合、潮通しのよい釣れ場はアオリイカの群れが次々入ってきますので、そういった堤防(波止)がオススメです。

アオリイカは小魚や甲殻類をエサとしていますので、藻場・カケ上がり・障害物などがある釣り場に多く生息しています。

夜間ならば、常夜灯がある所に小魚が群れ、それを狙ってアオリイカが常夜灯周りに多くいます。

地元の釣り人から、どこが釣れるか聞くのが一番ですが、堤防に付いたスミ跡でも釣れそうか判断できます 。


堤防にスミ跡が多ければ、イカがよく釣れている証拠

アオリイカのアタリパターン

アオリイカのアタリは、「ウキがゆっくり沈む」というのが一番多いです。
他には、「ウキが寝たまま(食い上げる)」「潮の流れと違った動き(反対に動く、その場で止まったまま)」などがあります。

アオリイカは群れで行動している場合が多く、エサを捕獲した場合は他のアオリイカからエサを横取りされないために、エサを引っ張って安全なところに移動し、そのあと食べる習性があります。

単独で行動している(春場に多い)時や大型のアオリイカ(他のアオリイカからエサを横取りされない為)の場合は、その場で居食い(ウキにアタリが出ない)することも多いです。

したがって、ウキに違和感を感じたら、ゆっくり竿先にテンションを掛け、アオリイカが乗っているか確認すると良いです。

アオリイカが乗っている(アジを抱いている)場合は、竿にアオリイカの重さを感じたり、違和感を感じたアオリイカが走る(逆噴射)場合が多いです。

アオリイカが乗っているか確認する場合、リールのドラグはゆるゆるにしておいてください。
(人差指をスプールに当て、アオリイカが走ったら、指を離す)

そうすれば、アオリイカが走った場合でも、抵抗なくラインが出ていきますので、バラしが少なくなります。

合わせのポイント

アオリイカのあわせが、緊張の一瞬ですね。
どのタイミングが良いかというと、一般的にはウキが沈み、アオリイカの移動が終わった後といわれることが多いです。

アオリイカは、移動が終わったあと(安全な場所にエサを運ぶ)、本格的にエサを食べはじめます。
したがって、沈んだからすぐにあわせると、食いが浅く、バラしが多くなります。

私は、背掛けイカ針を使ったウキ釣りが多いので、その場合を説明します。
ウキが沈み、アオリイカの走りが終わった後、ラインを張ってイカにじんわり違和感を与えます。

この時、ドラグ調整を少しきつめにしておきます。(キツキツではダメです、ラインブレイクやアオリイカの身切れがしない程度に)

すると、アオリイカは違和感を感じて走るので、走り終わった後すぐにあわせを入れています。

アオリイカが走ると、ラインとイカが一直線になっており、あわせを入れたら、まっすぐイカ針が掛かるように思うからです。(間違っているかもしれませんが、この方法が捕獲率高いと感じます)

活きアジの管理

生きアジの管理はその日のアタリに影響を及ぼすことは言うまでのありません。

元気なアジでウキ釣りを行うことが、釣果アップのコツです。
元気のない・死んだアジをいくら泳がせてもアタリの数は激減します。

クーラーBOXを改良した生かしバッカンが生きアジの保管には一番適していると思いますが、普通の生かしバッカンでもこまめな海水の入れ替えで水温低下又は上昇を防ぎます。

つぎに、夜間だと、バッカン内が真っ暗だとアジが暴れて弱る原因になりますので、ケミホタルや水中ライト1個を投入しておきましょう。
これで、アジが暴れなくなります。

最後に、海水の汚れです。
長時間アジを保管するとどうしても海水が濁り汚れてくるのですが、この場合バッカンの上から海水を足すことで、バッカンの容器から海水を溢れさせ、浮いた汚れが取れます。

溢れた海水と一緒にアジがバッカンから逃げないように注意してください。

外道のウツボ。深くアジを潜らせるとよく掛る(~_~;)