アタリを待つ、アタリを取りにいく

置き竿の場合は、リールのドラグ調整をして、竿置きに竿をかけてアオリイカのアタリを待ちます。

アオリイカがアジを抱いたら、ほとんどのアオリイカはアジを深場に持って行こうとして引っ張りますので、ドラグをフリーにしておきます。

そうすれば、ウキから目を離している間にアオリイカのアタリがあってもアジを放して逃げたり、竿を海中に引き込まれたりしません。

全遊動仕掛けでアオリイカを釣る場合には、置き竿はできません。
アジを投入後、海中に沈んだウキを見て、穂先でアジのテンションを感じながら、アジが今どのような状態なのかを感じながら、アタリを待ちます。(難しいです)
あまりアジが深く潜ると、藻などに根掛かりしますので、注意します!

半遊動仕掛けなどで、なかなかアオリイカのアタリの無い場合は、タナ(ウキ下の長さ)の調整を行い、広範囲に海中を探って、アタリを取りにいきましょう。

アオリイカのアタリは?

アオリイカだけでなく、アジを捕食する生物がアジの近くに接近してくるとアジは逃げようと暴れます。

ウキが何度か沈んだり浮いたりしたり、全遊動の場合はウキが海中でユラユラ揺れたりします。(前アタリ)

その後、大体の場合、ウキがゆっくりと海中の中に引き込まれます。
これがアオリイカのアタリです。

ただ、海中に引き込まずに、その場でアジを食べ始めるアオリイカもいますので、アジが泳がなくなったり、今まで進行していた方向とは違う向きにウキが動いたり、棒ウキの場合なら海面と平行になったままの状態になったりしたらアオリイカがアジを抱いている場合がありますので、竿を手に持って、ラインを巻き取って、ラインにテンションをかけ、重さを確認してみます。

竿を立ててみると、アオリイカの重さを感じますし、引っ張るとアオリイカが嫌がって逆噴射をします。
この時のドラグのテンションはフリーが基本です。
竿を持った手の人差指をリールのスプールに当て、逆噴射したら指を離すだけでOKです。(イカがアジを放すことはほとんどありません)