ウキ釣りは、別名で「飲ませ釣り・泳がせ釣り」と言われます。
名前から分かるように、生きた小魚をエサにしてアオリイカを釣り上げる釣リ方です。

ほとんどの釣り人が、エサには「生きた小アジ」を使用していますが、ほかの小魚(ネンブツダイ・小サバ・ハゼなど)でも釣れます。

ただ、アジは生命力が強くて身切れしにくく、堤防から比較的容易に釣れ、キラキラの体がアオリイカへのアピール力が強いので、アジが一番です。

他の小魚は使い勝手が悪いので、活きアジを確保しなければなりません。

南紀や四国などヤエン釣りが盛んな地域では、生きアジ販売所が各地にあるので、そこに立ち寄って生きアジを購入すればOKです。

小アジのサビキ釣り

サビキ釣りで小アジが釣れる時期(秋~冬)なら、堤防からサビキ釣りやフカセ釣りで小アジを釣り上げて、エサとする人も多いですね。

→詳しくは「小アジのサビキ釣りの仕方」のページへ

エサに適度なアジの大きさは?

次に、アジの大きさですが、アオリイカのエサとしては15~20cm位が良いです。
春の大型狙いなら20cm超えのアジを使って釣ると、小イカは食べないので、大型アオリイカが狙えます!

アジが大きい方が、大きいアオリイカが掛かる傾向にありますが、アオリイカが小さい時期に大きなアジをエサにしても、あまりアタリがありません。
アオリイカの大きさに合ったアジの大きさを考えると良いですね。

したがって、秋~冬にかけては小さめのアジ、冬~春にかけては大きめのアジをエサとすると良いでしょう。
なかなかアジのサイズは選べないですが。。。

さらに、エサである生きアジの元気のよさが釣果に影響を与えます。

元気の良いアジの方が、弱ったアジよりアタリが多く、弱ったアジから元気の良いアジに付け替えたら、アタリがあるということがよく起きます。

死にアジをエサにする

真冬になると、堤防からアジ釣れなくなったり、販売所のアジも売り切れになったりと、活きアジの確保が困難になります。

その際には、死にアジをエサに使えます。
死にアジは、活きアジに比べて、アタリの数は減ってしまいますが。

スーパーマーケットで売っている小アジを購入して、塩を振り、水抜きしたら冷凍します。

これで、冷凍アジをエサとして利用できます。

非常時の方法ですので、できれば活きアジの確保に努めた方が良いです。