近年のアオリイカ釣りブームから、各波止ではエギングによるアオリイカ釣りが流行っているのはご存じの通りと思います。

アオリイカ釣りには、エギング・ヤエン釣り・ウキ釣りの3種類があり、ウキ釣りは特に難しいテクニックを必要としないため、ビギナー(初心者)でもアオリイカを釣れる釣法と言えます。

また、ウキ釣りは、棚を一定にキープすることが出来るので、ヤエンやエギングでは攻めにくい藻や障害物の多い海底でも根掛かりすることが少なく、釣りやすいといった特徴があります。

さらに、生きアジさえ確保できれば、アジを仕掛けに付けて投入するだけでOKという手軽さも大きな魅力です。

ヤエン釣りよりアタリの数は少ないものの、ヤエン釣りほどのテクニックは必要なく、高確率でアオリイカを捕獲できるのがウキ釣りです。(ただ、ウキ釣りも奥が深い釣りに間違いありません)

「ウキがゆっくりと沈む」アオリイカのアタリを経験すれば、ウキ釣りの虜になってしまう人も多い釣り方です。

揃える釣り道具には特別な物もなく、アジのサビキ釣りやカゴ釣りなどをしたことのある方なら、その竿やリールをそのまま転用出来ますので、敷居の低い釣りと言えると思います。

ただ、上級者になれば、毎回二桁の釣果をあげる達人もいることから、奥が深い釣りと言えるでしょう。
上級者はゼロ号ウキの全遊動仕掛けを使った難しい釣りで、アジを釣り人の意思で泳がせる釣りをしています。