このページでは、A-RBローラーを使用し、二又(針部分)の跳ね上がりヤエンを作成します。

ただ、重量が増すため、活性の低いイカだと違和感を感じて、アジを放してしまうことがあります 。

作成してみましたが、あまりオススメではありません。参考程度に。。。

写真だけ載せて置きますね。

二又ヤエンは、針掛かりの悪い小イカに良いのですが、小イカの場合は警戒心が強く、その重量でアジを放してしまうこともあり、難しい部分もあります。

ただ、重量が増すので、1.0mmではなく、0.8mmステンレス棒で作ると良いです。

そうすれば、ヤエンの重量によるイカへの違和感が軽減され、アジを離されることが少なくなります。

ただ、春イカの場合は、二又ヤエンは必要なく、前ページのシングルヤエンでもほとんど針掛かりします。

キロアップのアオリに0.8mmだと、ステンレスがかなり曲がってしまいますので、1.0mm以上で造ったシングルヤエンの方が良いです。